その他の航跡

 日 付  内                容
19.10.6  坪庭菜園
今年の我が家の文字どおり1坪の坪庭菜園は、弟からもらったトマト3本とオクラ2本が夏の間頑張ってくれました。 が、収穫だけして、手入れもせずにいたところ、雑草が繁茂し放題でしたので8月はじめ頃雑草抜きをしました。 その結果、右手の小指と薬指が曲がらなくなり、医者に行ったところ関節が変形しておりもう治りませんとの宣告を受けてしまいました。 癌のホルモン治療で筋肉が落ちてきているのが原因かもしれませんがしようがありません。 しかし、ここにきて坪庭庭園にまた雑草が茂り、枯れた野菜もそのままでしたが、手が痛いので放っていました。 で、今日帰省した息子に頼んで、野菜の撤去と除草と庭木の剪定を手伝ってもらい綺麗になりました。 
ついでに施肥をして耕しておきましたので、また弟に頼んで何か冬の野菜苗をもらって植えてみようかな~と。
懲りない人ですね~
19.9.18   断捨離オークションに想う
オークション総括表を眺めていて、その品数の多さに我がことながらあきれてしまいました。
釣り竿17本、リール14台、ビシマ糸6組、ジグ・えぎ・テンヤ・サビキ・竹馬針他釣り用品12種類、大型クーラーボックス2個、磯釣り用品の竿ケース入りセット1組、ジャンボピトン1個等も。 その他に活け締め用具6種類、大型まな板・出刃包丁、冷凍庫各1個、船用品18種類、その他数点と圧倒的な量になっていました。
20年あまりの釣り道楽の垢が溜まっていたようです。
その他に落とし切れていない垢として 釣り竿4本、リール4台、釣り仕掛け等がまだ手元にあります。
(そのうちに釣り船にでも乗ってやろうかとの考えで残しました。) まったく、懲りない奴ですね~ 
19.9.9   断捨離オークションの反省点
オークションに出品した各物件毎に整理してみたところ、価格や期間の設定、出品物の組み合わせ等でいくつか工夫すべき点がありました。 今後オークション出品を考えておられる方の参考になればと総括表を公表します。
断捨離オークショ総括表
19.8.2   断捨離の不要釣り道具と船関連品の処分のためのオークション。
NobⅥ号の売却を決めた後、必要最小限の釣り竿4本とリール4台を残し、断捨離のつもりで、手元にあった古い竿とリール、使い残しの仕掛けや材料の残り、仕掛けづくりの道具等の釣り道具、船から外して残していた部品類、メンテナンス用道具と電材用品の残り、釣り用の冷凍庫等をオークションに出品していましたが、今日、最後の取引が完了しました。
出品件数54件、内52件が落札され、2件は落札者なしで終了しました。 総落札額235861円から、配送経費61621円(着払い3件除く)、システム使用料17388円を差し引いた156852円が手元に残る計算です。  
(感想は、「宅配業者とオークション主催者を儲けさせてあげたな」です)
一番高かった落札額はジギングロッドとリール&メタルジグ等で26000円でした。設定していた即決額が30000円でしたので、ほぼ妥当な価格で売れたなと感じています。 一番驚いたのは、一部の動作に障害のある電動リール2台と手巻きリール3台のセットが1円スタートで10500円で落札されたことでした。 逆に1円で落札されたのが3件ありました。 私の場合は、断捨離でオークション出品したものですから1円でも引き取ってもらえるならよしとするところですが、やはり1円では梱包費も出ないな~と感じました。 赤字を出さないなら最低梱包費スタートが必要ですし、商品を売りたい価格でスタートさせるのがよいように思います。 ただし、落札者は落札額+送料を負担することになりますのでそれを考慮したスタート価格の設定が必要と痛感しました。
落札者がない場合でも再出品して必要とする落札人が現れるのを待つか、価格を下げればすぐ落札されました。
落札者は北は北海道から南は鹿児島まで広範囲に亘っていました。 意外に近畿圏からは少なかったように思います。
今回は匿名配送・匿名取引(宅急便160サイズ以下が対象)を中心に行いましたが、やはりいろいろな方がおられますので、入札段階で入札者の評価をよく見て悪い評価の内容を把握し、悪い人の入札を阻止することが、後の取り引きを円滑に進める要諦であることを痛感しました。 最後になった取引がまさにそのとおりで、気づいたときには落札後でしたので苦労しました。 評価内容は正確だなと感じたところです。
落札者なしの場合には、システム使用料が不要ですので、皆さまも不用品を捨てる前にオークションへの出品をお試しなさったら如何でしょか。
19.8.1   足掛け18年にわたる「NobⅠ(~NobⅥ)号の航跡」の総括
7/25に大谷マリンさんに売却を委託していたNobⅥ号の売却金が振り込まれて、手漕ぎボートから始まった約20年間にわたるマイボートの釣りもいよいよ終了となりました。
2001年に始まったエンジン付きのボート釣りを振り返ってみると、総出航回数は463回、月平均2回強のペースで釣行していたようです。
船別に見ると、NobⅠ号では2.5年で31回、ほぼ月1回ペースです。 NobⅡ号では3.5年で177回、ほぼ週1回のペースに跳ね上がります。 Nob3号は2回のみです。 NobⅤ号では6.5年で209回、1か月で3回程度のペースでした。 NobⅥ号では4.5年で44回、月0.8回と激減します。
最も長く乗ったのがNobⅤ号で、釣行回数も最も多いのですが、釣行ペースで見るとNobⅡの年平均50回です。年間の実釣行回数も49回と最多です。 2004年から2011にかけて概ね年間40回程度以上釣行しており、此の頃が釣りにのめり込んでいた時期のようです。
釣った魚では、やはり大鯵釣りが大好きでこの魚を中心に追いかけていたように思います。 
その端境期に真鯛、太刀魚、ガシラ、キスを狙っていました。 一時ハマチ、ブリの青物やイカや蛸の軟体物をしていた時期もありました。
釣った(釣れた)魚を並べてみますと、鯵、ハマチ、メジロ、サバ、イワシ、真鯛、三番叟、イサギ、メバル、ガシラ、アコウ、グチ、シロギス、トラギス、手々かみ、ガッチョ、ハゼ、ベラ、太刀魚、甲イカ、アオリイカ、真蛸、サゴシ、スズキ、馬面&丸ハゲ、フグ、サメ、エイ、ホウボウ、穴子、鱧、エソ、シイラ、コブダイ、スズメダイの36魚種にも達っしていました。
使った経費で見ると、NobⅥが最も多く、総額450万円程使い、約4割程回収できましたので、この船は艤装作業で楽しんだものとしても、年間60万円程のの浪費と考えるか、月5万円の遊びと考えるかで評価が分かれるのでしょうね~ (他にガソリン等の油代等釣行経費と補修用ペイントや釣り用品代等で月平均約2万円/月を支出)
 19.7.31  船舶保険と船置き場の解約
船舶保険の解約手続きと船置き場の解約申し出を行いました。
船舶保険は12月までの契約ですが、日割りで払い戻しがあるようです。
船置き場は10月末までの契約ですが、大谷マリンさんが台車を搬出したら、もう使わない旨を伝えるとともに、設置していた物入れや車輪止めは、後を使用する人に使ってもらうよう管理人さんに一任してすべてが終わりました。
 19.7.25  無線局の廃止
NobⅥを売却したので、装備していたアマチュア無線局の廃止届を提出しました。
今月の初めに電波利用料を払い込んだばかりで、やることがチグハグですね~
 19.4.25  小型船舶操縦免許証の更新
早いもので前回の登録から早や5年が経ち、更新登録の案内が来ていましたので、先週更新講習を受講し、今日近畿運輸局に登録に行ってきました。 今回の更新で気づいたことは2つ。 1つ目は水上バイクに乗れること。 免許取得(当初は4級免許)が速いものだからいつの間にか、法改正により2級になり、前回は更新講習の日にちが適当な日がなかったので1級にステップアップしましたが、今回の更新で特殊免許も法改正に伴い改めて免許を取得しなくても載れるようになっていたことを知らされました。(前回の免許もそうでしたが興味がなかったので気づかなかっただけですが) まあ~この年で水上バイクに乗ることはないでしょうが・・・・。 もう一つは免許証番号の末尾の数字が更新回数を示していることです。 前回は1級の初回ですので0、今回は1回目なので1となりました。 これも別に船に乗るには関係のないことですが・・・・。 さて5年先に更新する気力と体力があることやら・・・・こちらの方は現実味がありますね~
 19.2.25  牽引車両の整備
今日は暖かくてさすがにもういらないだろうと、スノ―ラジアルタイヤをノーマルタイヤに履き替えました。
で、納屋からタイヤを出してきてハタと困ったのが、右サイドのタイヤはガムテープに位置を記入して張ってあったのが残っていたのですが、左側のタイヤは2本ともガムテープが剥がれていて前後が解りません。 で、右側のタイヤを良く観察すると前のタイヤの方が減り方が少ないのに気づきました。 で、ガムテープの無いタイヤを観察していて気づいたのが、磨り減りの多いおそらく後輪のタイヤになんと20mmのビスが刺さっています。 空気は減っていないようなのですが念の為、友人の自動車屋に電話してビスを抜いても大丈夫だろうか聞いたところ、斜めに刺さっていなければ大丈夫ということなのでビスを抜きました。 が、気になるので水をかけたところ、少しあぶくが出てきます。 どうやらパンクしているようです。で、パンク修理をしてもらいタイヤをノーマルに交換した後、2年ぶりに洗車をしてやりました。 擦り傷や油汚れ、シリコンやペンキ痕なども掃除をしてきれいになったような気がします。 この車も3月末には車検が来ますが、もうしばらく頑張ってもらうことにしましょう。
 19.1.21、22  お年玉付き年賀葉書の当選調べシステム「あたってるかな?」
2019年のお年玉付き年賀はがきのあたり葉書を調べるシステムを作りました。
右のエクセルファイルをダウンロードし、あたり番号等に間違いがないかチェックしてからお使いください。
因みに私は145枚のうち、3等賞が6枚でした。 香川さん、杉本さん、中村さん、森田さん、S.宮崎さん、U.宮崎さんお年玉有難うございました。

(※バグを修正しましたので、19.1.22.8時15分以降にダウンロードしたものをお使いください。)
toshidama31
のダウンロード 
18.10.29   ホームページの引っ越し
「Nob1号の航跡」のURLが、http://www.geocities.jp/bmnjr947/からhttp://nob1gonokoseki.g1.xrea.com/に代わりました。 従前はYahoo!ジオシティーズの無料サーバーを利用してホームページを公開していましたが、ジオシティーズのサーバーが来年3月末をもって閉鎖されることになったので、早めにXREAのサーバーに移行しました。 今後ともご愛顧のほどよろしくお願いします。 なお、来年9月末まで旧アドレスが残りますが、アクセス頂くと新アドレスに転送されることになります。 リンク等を張っておられる場合はお手数ですが更新をお願いします。
余談ですが、旧サーバーは300メガまでしか使えなくて、9割方使用していたのでどうしようか考えていたところでしたが、新サーバーでは1ギガまで使えますので気を使うことなく写真等の重いものも使えることとなって良かったです。
 18.9.11  21号台風の自宅被害
一昨日玄関前のブロック塀の上に設置している目隠し版が傷んで落ちかかっているのに気づきました。 台風の強風にあおられて錆びていたアンカーボルトが何本か折れて、その後の風で唯一残っていたアンカーボルトの根元のコンクリートが割れてしまったようです。 で、これの修理に取り掛かっていたところ、隣人がご自宅の2階から私の家の笠木が飛んでいると声掛けが。 ちょうど死角になっている場所で少し高い位置からでないと見えない場所です。 で、友人の施工業者に依頼するため屋根に上ると写真のように笠木が2/3ほど飛んでいます。 屋根材も4枚ほど飛んでいます。 この様子を友人に話すと、笠木が飛ぶのは良くある話で、屋根材の下に防水紙が敷いてあるので雨漏りは大丈夫だろうとのこと。 資材の手配が終わったら直しに行くとの心強いアドバイス。 が、昨日の午前中は強い雨で天井裏を覗いてみると1㎡程湿っており、少し水が回っているようです。 で、明日も午前中雨の予報ですので、ブルーシートでも打ち付けておくかと友人に連絡したら、今日中には行くので素人の年寄りはあまり危ないことをしない様にとのこと。 持つべきものは竹馬の友ですね~
 
 18.9.6  船の台風被害調査
9/4の台風では、自宅のある堺市南区でも大層な強風でした。
ましてや 船をおいてある岬町ではもっと強い風が吹いて船も被害が発生しているかもと気にはなっていましたが5日は家内を神戸の病院に連れていく日ですから動けません。
で、今日行ってきました。 最初に目に入ったのはキャビンのシートカバーの下方のロープが外れています。 ハトメ穴が壊れてしまっていますが、幸いシートは外れていませんでした。 これを再度ハトメ穴を開けて修復。 他には主機の前に30cmほどの大きなスレート片が落ちています。 ひょっとしてこれで買ったばかりの主機のエンジンカバーが割れていないか点検のためカバーを外してみましたが何事もなかったようです。 で自船の点検修理は終わったので他の船の様子を見ますと先端部が風であおられ位置がずれ、船の向きが変わっていたり、置台から外れたりしている船が結構ありました。 私の場合は船台先端部はロープで動かないようにしていますので問題はありませんでしたが他船は大半が台の上に先端を乗せただけなので風にあおられて動いたようです。 一舟だけは全周灯に何か飛来物が当たったようで壊れているのが見受けられましたが総じて大した被害はなかったようでした。 
 18.7.26  家庭菜園での出来事
胡瓜とトマトがたくさん取れます。
裁果する時に、トマトは赤くなるので解りやすいのですが胡瓜は緑なので注意深く見ないと見落とししてしまいます。 今日もこんなになるまで気づかなかったお化け胡瓜がありました。 家内は食べられるというのですがどんな味がするのでしょうかね~
 
 18.6.1  家庭菜園のその後
見よう見まねで、お金を掛けずにしていた家庭菜園もキュウリが初収穫できました。
その他のものも、それなりに順調に育っているようです。
右の写真をクリックして、菜園の現況をご覧になってください。
 
 18.4.6  家庭菜園
釣にも行けず、家でゴロゴロしながら本を読んでばかりの生活も飽きてきましたので、一念発起して家庭菜園をすることにしました。
で、4月1日に裏庭を開墾。 きれいに生えていた植木などを撤去し、排水口を新設するなどの準備をしました。 
さて、何を植えるかとなり、良く聞くところのトマトとキュウリを植えるべく、やり方をネットで調べると、露地栽培では土を作る必要があるとのことで、消石灰や肥料などを加えて2週間もかかるとのこと。 現在は石灰を撒いた後で、もう2~3日待って堆肥と化学肥料を施す予定です。 
余談ですが庭を整理したところ二十数個の植木鉢が出てきました。 十数年の垢です。割れていないものもありますが、邪魔になるので粗大ごみの焼却所に持ち込み破砕処理してもらいました。 すべて捨てたつもりが1個だけ忘れていました。 で、露地栽培の苗が植えられないので、取り敢えずこれにパセリを植えました。 また、ネギを植えていた人からもらったものを仮植えしています。
 
18.3.17   釣り竿の整理棚を作成
魚釣りは魚の種類によって使う竿が異なります。 また、鯛釣りに代表されるように釣り方や仕掛けによっても使用する竿の種類が違いますし、釣り人の感覚によっても好みの竿が異なります。 感覚の違う竿は友人に譲るなどして整理してきましたが、長く釣りをしていますと竿が徐々に増えてきます。 また、私の場合、釣行毎に竿を車に積んで持ち帰りますので傷つかないように竿袋に仕舞っています。 家では袋に入れたまま部屋の角に立てかけていますが、釣行毎に狙う魚によって毎度袋を開け、竿を確認する必要があることや立てかけるには細長くて支障があるなどの不便を感じていたこの頃です。
で、これら釣竿を整理し、使いたい竿がすぐ取り出せるよう整理棚を作ることとし、自分の趣味部屋として使っている部屋の上部の空間に棚を組みました。
箪笥上部のデッドスペースを活用し、地震で揺れても竿が落ちてこないように工夫しています。
 
 18.1.26  お年玉付き年賀葉書の当選調べシステム「あたってるかな?」
2018年のお年玉付き年賀はがきのあたり葉書を調べるシステムを作りました。
右のエクセルファイルをダウンロードして使ってください。
(保護ビュー解除に関するコメントがでたら、「編集を許可する」をクリックしないと番号入力ができませんので注意してください)
 toshidama30
のダウンロード 
 17.11.1  棚から牡丹餅のような・・・
お昼ご飯を食べてから、あまりにも良い天気なので家内をつれて散歩がてら谷川港へ小鯵釣りに出かけました。
港ではおじさんが二人釣り竿を出しています。 挨拶すると間に入れと勧めてくれますので遠慮なくお言葉に甘えました。 家内を折り畳みの椅子に座らせ、日向ぼっこをさせながら釣りの用意をしますが、長く使っていなかった上物竿の調子が悪く糸の出入りがスムーズにいきません。 仕掛けを海の中に落としたまま竿の調整をしますがなかなか思ったような糸の動きになりません。 と、魚の引きが。 で、あきらめて延べ竿のように使うことにして餌を入れて始めますと面白いようにアタリがあります。 イワシ交じりで小鯵が良く釣れます。 
30分程釣っていると白影さんが帰港してきました。 ご挨拶がてら雑談をしていると今日も良く釣れたとのことです。で、一匹持って帰りますかと言ってくれたので、何匹でもと返すと、メジロ1と大鯵4、鯛1匹をクーラーに放り込んでくれました。 思わぬ幸運が舞い込みましたのでここで小鯵釣りを終了。 小鯵も20匹以上釣れました。 今夜の肴が十分確保できましたので急遽弟に電話してメジロの鍋を囲みました。 メジロは片身を鍋にして、残りはご近所におすそ分け。
今日(2日)は朝早くから鯵の一夜干し作り、鯛は塩を軽くして冷蔵庫に。今夜は鯛の塩焼きか酒蒸しにするつもりです。 小鯵は南蛮付けを作りました。 白影さんごちそう様でした。
17.9.18~23   かなり昔ですが、”おけな”さんに教えてもらって鉄砲仕掛けを作りました。 何回か試みたのですが釣果が出ず放りっぱなしにしていました。
暇ですし、外出もままならないので思いついて手を付けました。

潜航板作り
鉄砲仕掛けに使う潜航板を作ることにしました。 庭に転がっていたべニア板を、一枚残っていた潜航板を参考にして、切り出し、ホームセンターで鉄の延板を買ってきて、取り付け用の穴をあけたあと、潜航板の幅に合わせて切断しビスで板に取り付け、色を塗るという単純作業です。 型取りできるだけ切り出しましたので12枚もできました。上の茶色のものが元のもので、下側の白色のものが今回作ったものです。

鉄砲仕掛け作り
ついでに鉄砲仕掛けを点検しますと、数年使ったままにしていたので、サル環は塩を吹いているし、針は錆びています。 で、作り直しました。 
前回使ったものと同様に、幹糸24号、枝素20号、枝素間隔は1ヒロ半、針24号です。 
当初は全長を20m程度に仕上げましたが他の方々の情報を見るともっと長いようです。 
で、当初のものを3本繫いだ形に改良して、全長70m、針数26本、最下部に30号の錘を組み込んだものとしました。 長くて使いにくいようなら短く切って使うつもりです。写真左の青色の板に巻いているのは角針です。 潜航版の下につけようと思っています。

 
 11.11.18&20  野鮒釣り
18日は雨の予報ですので、船釣りはお休み。 朝起きると雨も降っていませんので、降るまでのつもりで野鮒釣りに。1時間ほどで3匹。 しかし、餌の調合が悪かったようで、すれ当たりばかりでいやになりました。
19日に船の保険を更新に行った帰りに中古釣具屋で15尺の竿を2000円で購入。
20日は風が強いので船釣りはお休み。で、早速新しい竿の試し釣りに。 硬調なので強い横風にも負けず良い調子でした。 が、なんとしたことか底釣り用に購入した餌を忘れて池との間を余分に散歩した結果、歩数計は6200歩、を示していました。 そうそう釣果は2時間程で4匹でした。 やはり半分はスレでした。
 
11.11.8   窮々自適の野鮒釣り
3月末にリストラされ高齢で再就職先を探している最中で、収入が失業給付のみの身では、時間はたっぷりと有りますが、船釣りばかりでは、先立つものが続きません。 で、近所の野池でへらブナでも釣ってやろうかと、へら台を自作し、昔はまっていた鯉釣りの道具で使えるものがないか等々準備を続けていましたが、昨日アオリ烏賊の100円エギを購入しに行った中古釣具店で200円の13尺のへら竿と300円の竿受けを見つけて購入しました。 で、今日は餌を買って見よう見まねでへら釣りをしてみました。 この池は5歳くらいの頃、おじいちゃんが連れてきてくれた池で大きな山桃の木にフクロウが住み着いていて、釣った魚を投げてやると近くまで食べに来た想出がある池です。 今はニュータウンの生活排水が流れ込み少し水が澱んでいますが、当時は清水が湧くきれいな池でした。 規模も小さく埋められていますが、公園の中で、周辺はまだ緑が残り、静かないい場所に有ります。 で、半日良い天気の中、ノンビリと太公望を決め込んでみました。 久しぶりの池の釣りも良い手応えで30cm程のフナが釣れて楽しい時間を過ごせました。 世間では悠々自適の境涯の方が多いのでしょうが、窮々自適も満更でもない一日でした
 10/9/6  船検
8月末に蛸釣りにでたときに臨検され、後1ヶ月で期限切れになることを知らされておお慌てて゛検査の手続きをし、早速、今日検査を受けました。 今年は地車祭の手伝いを仰せつかり、その準備で忙殺されて、船の方の準備をしてませんでしたが、大丈夫だろうとタカをくくっていました。 で、10時半からの検査ですが、船を港に曳きだして、エンジンのかかり具合を点検、次、保安用品等を点検した後、ライトのスイッチをいれたところ全周灯がつきません。球切れでも無く、スイッチが錆びているか、断線したかどちらかのようです。 時間は後15分。 汗だくで船内裏に有る電源パネルを開けると、即、ケーブルを接続している圧迫結束具から線が抜け落ちているのを発見。 ネジを緩めて修理しようとしたときに今度はネジを落として修理不能に。仕方なくネジ穴に直接線を差し込んで何とか点灯するようにしたところで、検査官が到着。 仕方がないのでありのまま報告したところ、点灯を確認した上で、原因が解れば良いですよとの有り難いお言葉。 で、何とか検査を通りましたが大汗をかいて、もう、疲れてきってぐったり。 釣りに行く気が起こらず帰りました。 
10.5.15  驚きの外道 
こんな魚がつれるとは・・・・・
ビックリしました。 
ヘビでは有りません。
ウナギでも、アナゴでも有りません。 鵜のような形の嘴を持った魚・・・そうです鱧でした。 鱚釣りの仕掛け1.25号のハリスにに食いついたテテ噛みに食いつき、道糸を体に巻き付けて上がってきました。 
持って帰り、知りあいの調理人に頼んで骨きりをしてもらい、長崎の新タマネギを使った豪勢な鱧鍋に舌鼓を打ちました。 ご馳走様でした。
 
09.07.20 さんのキリ番GET
09.06.19 昨年までの大鯵サビキはラメ糸入りのグリーンのチョクリで良かったのですが、今年の大鯵釣りのサビキパターンを見つけられずにいます。 で、それを探るためにいろいろなパターンのサビキを作成し、アタリ針を見つけようと考えました。 先週長竿を壊したので、2.7mの竿に会わせ、2尋7本針の仕掛けに仕上げました。
08.10.18 日帰り温泉に行くつもりで家をでましたが、気が変わって槙尾山越えで和歌山の粉河町へ紅葉をのぞきに行きました。紅葉はまだでしたが、家内が新鮮な野菜を売っている大きな市場が有るはずだから行こうと言って聞きません。 場所も名前も知らないけれど有るはずだから行けと言うめちゃくちゃな指令です。東奮西走めったやたら走り周りますが見つかる訳もなく、諦めて帰ろうと粉川加太線から泉佐野岩出線への交差点を右折すべく信号で停車した時、家内が偶然看板を見つけました。
「めっけもん広場」と言います。JA紀ノ川ファーマーズマーケットです。
ちょうど柿祭りの最中でした。新鮮な野菜と息子や孫達へのお土産にと私は9千円近い出費となりましたが家内は大満足でした。
帰りに入った紀ノ川の神通温泉は鉱泉掛け流しで湯温40度、何時までも浸かっていたくなるような良い風呂でした。



08.09.08 このなんとなくエロチックなものは何でしょう?
写真をクリックして拡大して観てください。
裏返すとこんなです。
正体はこれでした!
昨日の晩酌の時の話でした。
08.08.15 先週の土曜日から始まった9連休でしたが、残すところ後2日になってしまいました。
お盆を除いて釣りにいくつもりでしたが、前半の潮の悪さと暑さで行かずに高校野球やらオリンピックやらをみながら家でゴロゴロしていました。 後半は潮がよいので16日に狙いを定めていましたが、前線と台風に変化しようかという熱帯低気圧に阻まれてこの休みは1回も海にでることなく終わりそうです。
結局、テレビを見ながら使ったサビキ仕掛け8セットとフラフラの針結び3袋分が9日間の休みの成果です
08.02..21 AKIⅡさんが17フィートの新挺を進水させました。
名前は「KAZUMI」号。 これから彼のハンドル名をどうするかな~ 

05.10.16 天気が悪くて家にいると釣りに行きたい病がでますので、長浜に遊びに行ってきました。 姉川の古戦場、国友鉄砲資料館、長浜城歴史博物館を周り、黒壁スケァーを散策しました。運の良いことに、長浜城では古式火縄銃の射撃演舞を見ることができました。また、 黒壁スケァーでは、和服姿の若い娘さんが沢山歩いていて良い目の保養になりました。 大阪から高速道路で2時間ですからもう少し紅葉が深まってからいくとよいかも。
05.03.19
善が沈黙を守っている間に悪がひょっと顔を出す。 この間の戦いが人間の戦いであります。
        (Victor Hugo 自由劇より・川路柳紅訳)」

⇔ 彼岸には釣りにいくべきでないけれど、でも行きたい。
        (見事な凡人・釣り馬鹿 Nobsanの葛藤)
サントリーミュージアムで開かれているヴィクトル・ユゴーとロマン派展
05.01.15 免許の更新に行ってきました。
平成16年11月1日の制度改正により、「2級+特殊免許」の免許がもらえました。 これで20tまでの船に乗れるそうです。
沿岸5海里の条件をはずすには1級を取ればいいんですが、こちらの方も2日間の講習(経費約4万円)だけでもらえるそうです。(実技免除) もっとも、1級をとれば 大きな船が欲しくなるのは目に見えるところですので、近い将来の年金生活では破産しますので手を出さないことにしました。
新しい免許区分
04.07.11 先週金曜日のことです。出張先から家に電話をしてもつながりません。
何時間もの間、同じ状態なので、帰ったら長電話をきつく注意するべし。 で、帰ってきたらどうも電話が故障のよう。 よくよく聞いたら酷い雷が鳴っていた模様。 モデムがウンともスンとも反応しません。
とりあえず、直結して電話は復活。 パソコンのメールとWEBはダウンのまま。 明くる日、Yahoo!BBに電話して交換の品を宅配してくれることになった。 品物は日曜日の午後到着したが土曜日まる一日ダウンしていたことになる。 この間、釣行のための天気予報がとれないやら、開設している掲示版に投稿頂いた返事が遅れるやら不便を痛感しました。
04.01.24
NOBU丸さんから石鯛のお便りがありました。
うらやましいですね~

Nobsan@堺さん ご無沙汰しております NOBU丸です。
天候が中々落ち着きませんね 
私も2週連続で日の岬へ大物狙いに行って来ましたが結構風が有りまして船酔いしましたよ!
石鯛が釣れましたので 画像送りますので見てくださいね 
これからも宜しくお願いします。
NOBU丸さんの
石鯛
03.12.14 ETCを取り付けました。 料金支払いのための停車がないのはこんなに気持ちのよいものとは。 初めて体感しました。 アンテナ分離型のもので、カードホルダーはセンターコンソールに隠しました。 車載機9800円、取り付け費3000円、調整費3500円です。 料金前払い50000円割引を2回でもとがとれますが。 釣行7回往復分。 なんか高速道路を使わされているような気もする?
03.10.13 吃驚しました。タコの大脱走事件発生です。
釣行の航跡に記したとおり、Nobsan@堺は、Excelさんの指導により、12日に蛸釣り初体験をし、大漁でした。 持ってかえり方も、タコは死ぬと墨を吐くのでクーラーに水をいれて生かして帰るとよいと教えてもらい、そのとおりにしました。
ところがです、今日車に乗るとものすごく臭いのです。 これは昨日トランク内でクーラーから漏れたタコの水のにおいだと判断して、トランクの中を綺麗にしましたが、どうしても臭いが消えません。 それどころか後席付近から強烈な臭いが。 もしかしてと思い、後席をはずしますと、なんと其処にはタコの死骸が。
どうも、クーラーの蓋の隙間から脱走したもようです。 少しの隙間があると逃げるとは聞いていましたが、ロックしてあるクーラーからはいでるとは夢思いませんでした。
ところで、消臭作業ですが、右の洗剤を布にとり、シート等をこするように洗濯した後、消臭スプレーをたっぷり振りかけておくと綺麗に臭いがとれました。 これも大発見でした。 

最近購入したクーラー

03.01.17 船検の中間検査と小型船舶の登録をするために、日本小型船舶検査機構大阪支部に行って来ました。 その状況のレポートです。 船検・登録手続き
02.11.22 文化の日をはさんだ3連休、強風で出航できず。
岡山県の児島に波戸釣りにいきましたが釣果なし。
家族サービスで途中、備前焼の郷と竹久夢二の郷に行きました。
吉備路の風景です。
'02.2.2 大阪の伝統芸能「乙女文楽」の世界で活躍なさっている友人の吉田光華さんから、公演のご案内を頂きました。
今年はいろいろあって残念ながら拝見できませんが、成功をお祈りします。

02'1'04
和歌山県湯浅の二の丸温泉で初風呂です。

ここのミネラルウォーターは我が家の必需品。
お茶、煮物等すべてに活用。
もちろん、生水も。 おいしいですよ!
写真図の出典は湯浅町商工会HP
二の丸温泉
Home
へ戻る