釣行 の航 跡

Home
へ戻る
       

日 付 2004年の釣果 写 真
04/12/28 台車のペンキ塗りに始まり、26,27日と作業していた椅子とスパンカーの修理したものを早朝から取り付け、8時過ぎに出港しました。
最初はアタリがなかっのですが、竿釣りから手釣りに変え、小さなアタリをひらっているとそこそこの数がそろいました。
青虫が切れたので、帰る途中覗いた加太ノ瀬戸で赤短で大きな鯵を拾いました。鯵10匹、鯛3匹結構な竿納めとなりました。
中潮、満潮8:34 干潮13:33
04/12/25 昨夜、にいやんと朝6時〜7時の間に迎えに行く約束をしていましたが、目が覚めると7時半でした。 にいやんからのモーニングコールが2回も入っていましたが爆睡していて気づきませんでした。計画では朝小鰺を釣ってそれでメジロ釣りを、駄目なら鯵釣りをする予定。 7時半起きでは餌釣りの時間がありません。お詫びに餌屋で生き小鰺と青虫を購入させてもらって予定より1時間半以上遅れて9時過ぎ出港。 
しかしながら、中瀬戸付近は漁師さんで大変なにぎわいでとても近寄れそうにありません。 
で、地の島前で鯵釣りをして漁師さんがお帰りになるのを待つことに。 しかし、これがわからないもので、ロシナンテさんにご挨拶して横で流しはじめると、30cm程度の鯵が一時入れ食いで、漁師さんより先に疲れて帰ってきました。
鯵18匹、グチ1匹、チャリコ2匹
にいやんのご機嫌も少し治まったかな?
大潮 満潮6:59 干潮:13:56
04/12/19 昼過ぎに気圧の谷が通過するとの予報なので、午前中だけの釣り。
地の島前の鯵1本に絞って8時頃出港しました。
昨日はサビキによく飛びついてきたんですが、今日はだめです。 で、烏賊の赤短の銅突き仕掛けが正解。 予報通り昼頃風が少し強くなってきましたので波しぶきでびしょ濡れになりながら早あがりとしました。
鯵6匹、グチ1匹
満潮6:26 干潮13:59
04/12/18 先週の残り物の餌を持って、太刀魚釣りに行きましたが、見事に返り討ちに合いました。 小さなアタリを根気よくひらったつもりですがだめでした。
帰りに地の島前の回って鯵を釣ってきました。 
地の島前の鯵は、20〜30cm程度ですが数は出ているようです。
夢一号さんにお会いしましたが、彼は30匹以上釣ったと大漁節でした。
事故以来、どうも調子が出ません。 太刀魚3匹、鯵5匹、チャリコ2匹
満潮5:30 干潮:12:59
04/12/12 完璧な坊主でした。 太刀魚釣りでアタリ1回のみ。 青虫銅突きは2回餌を囓られただけ。 早帰りして船を洗っていると、漁師さんから「今日は潮が速すぎてだめだったろう。」と言われました。 そんなことがあるのも知りませんでしたが、でも、釣ってる人はちゃんと釣ってるし。やっぱ腕が悪いんかな〜。
大潮 満潮7:22 干潮:12:38
なし
04/12/11 3週間振りの釣行も風波が少し強く、港を出たあたりで遊んできました。
小島前45m付近で鯵、まずは銅突き青虫仕掛けで狙いどおり。
ついで、烏賊狙いはみごとに空振り。えぎを3個ロストで釣果なし。お昼を過ぎると風が少し落ちましたので沖で太刀魚を狙いましたが、もう一つでした。 鯵4匹、太刀魚2匹
満潮6:36 干潮:11:56
04/11/20
〜24
勤労感謝の祭日を利用してお休みを頂き4連休となりました。

11/20
 初日は、船体の穴の修理から帰ったNobUの艤装です。
一部コンソールボックスに新たに事故の痕跡を発見。再艤装が必要になりましたが4日もあるので後回しにして釣りに出ました。 が、どうしても太刀魚釣りの餌が釣れません。 情けないことですが小島漁港に入港して鰯を買いに走りましたが、ないとのことで、餌の餌アミブロックを購入しての小鰺釣り。なかなか、手強くて小島漁港前では×。 やっと谷川の入り口まで戻り小鰺を10匹確保。 12時過ぎまでかかりました。その後、太刀魚ポイントに一直線でしたが何故かアタリなし。 序で烏賊釣りも×。 明日が有るさ明日があるで余裕の坊主。
干潮潮7:31 満潮:15:48

11/21
 昨日の晩、ご近所のお付き合いで深酒。 艤装の材料購入を済ませて谷川に着いたのが12時過ぎ。 調子の悪いGPSと漁探の電源の艤装に取り組むもGPS復活せず日没コールド。鰯は半分死んでしまいました。

11/22
 鳳丸の船長とのお約束で、乗せてもらって魚釣り。
鯵は×でも5匹います。太刀魚は中瀬戸北方新釣法で100発100中、餌はキビナゴとカタクチ鰯で、空振りなし。 でもあまりにもサイズが小さいので嫌気がさすほど。 数えて無いけど30匹以上。(リリースもいれると40匹以上か)。後、烏賊釣り、良い型の甲烏賊10杯。
干潮9:44 満潮:16:10

11/23
 GPSも予想の部品交換ですぐ復活。
太刀魚は飽きたので、小島沖での久しぶりの青虫での大鯵狙いもチャリコ3匹。調子がでません。
で、烏賊狙いに切り替え良い型4杯でこの週末終了しました。
満潮4:30 干潮:10:25 満潮16:31

PS
 太刀魚新釣法、時期を見て公表します。
なしです
04/11/6 船をぶつけられて釣りにならず。 太刀魚2匹。 くそ〜〜。 なし
04/11/3 寝坊して8時出港。出港時に「少し風がでてきたから早く帰ってきた方がいいよ。」とのおばさんのアドバイスどおり、沖は白波が立つ寸前でとても太刀魚釣りポイントまで行けません。仕方なく港の前で烏賊釣りをしましたが10時頃には一段と波が高くなってきましたので早あがりとしました。
烏賊3杯
干潮4:17 満潮11:28 干潮:14:21
04/10/31 6時半ににいやんと合流して出港しました。
最初、小島沖の太刀魚が芳しくなさそうなので、淡路沖に走りました。
少し、波がある中で小さいアタリを拾いながら数を稼いでいきます。
型が少し良くなっていますが、何せアタリが非常に小さくて苦労します。
そうこうしているうちに、波が少し高くなってきたので9時頃岸寄りに戻ることにし、 例によって波しぶきでびしょ濡れになりながら帰ってきました。
で、谷川前で烏賊釣り。
結局12時前までやって、太刀魚指4本強を含む9匹と烏賊4杯がお土産となりました。 烏賊はバケツのなかです。
満潮8:43 干潮:13:52
04/10/24 行こうか否か迷いましたが、結局10時に浮かんでいました。 
私のジンクス=釣りの前に物を拾うとボーズ=、港の手前の谷川河川敷に台風によりうち寄せられたゴミの中に黄色のブイが有りました。
昔はよく浜にうち寄せられていたものですが、最近発砲スチロールになっていてなかなかお目にかかれません。 防舷材にちょうどよいので探していたんです。 で、ジンクスを思い浮かべながらもつい拾ってしまいました。
結果は昨日と同じ悪戦苦闘。 最初太刀魚×、序で烏賊×、何となくジンクスが脳裡をかすめますが、弁当を食べながら粘って烏賊1匹。気をよくして、もう一度太刀魚にチャレンジ。電動リールを烏賊シャクリ巻きにして百発百中3連発。で、餌切れ。 今日の秘密兵器泥鰌でやってみましたが必殺烏賊シャクリは×。 陸からの釣りと同じくづる引きでやっと1匹。食いがよければ泥鰌も○かと納得。
天気がよいので友が島に走りましたが、途中とんでもない物を見ました。
イルカの群です。3〜4頭が次々と船首の前をジャンプしています。
結局、バンビーノの呪いと同じく、私のジンクスも解消? イルカが最近不漁の原因かと何となく納得。 中瀬戸では疾風が大漁で×。
烏賊1杯、太刀魚4匹。
満潮3:37 干潮:10:21 満潮17:00


04/10/23 にいやん”とタンデム釣行。 烏賊と太刀魚です。
まず最初に、谷川を出たところで烏賊狙いましたが、芳しく有りません。
で、海が凪いでいるので、友が島に鯵を狙いに走りましたが、友が島付近は天気予報どおり風が強く、狙いの物は釣れません、耳の穴の中まで波しぶきにぬれただけでした。 ここで白影さんに会いましたが、彼はしっかり獲物を持っていました。
結局、焼却場前まで帰ってきて当初の狙いどおりのお土産ができました。小島沖では夢一号さんも頑張っておられました。
太刀魚9匹、烏賊2杯、ガシラ1匹、グチ1匹
干潮:9:30 満潮16:55

04/10/17 昨晩の天気予報に反して、結構な風と波でした。
太刀魚は坊主。 岸寄りで中鰺2匹
満潮8:55 干潮14:28 
04/10/16 久しぶりの釣行です。
待ち遠しくて朝4時に目が覚めました。
今日は最初から太刀魚狙いです。 昨日近所の魚屋を駆け回りましたが鰯がありません。 やっと見つけたのが中羽の餌には大きいもの。 仕方がないので、朝、釣具屋で冷凍ものを買いました。 ところが小島前ではアタリがありません。 あっても非常に小さい単発のあたりです。 釣り船も沖に向かって走ります。 で、風波の中nobsanポイントへ。 ここも引き釣りにはアタリが有りません。 底から5m位でコツンと1回当たるだけです。 そこを手持ちで執念深く誘ってやると少し食い上げのあたりがでます。 このとき大きく合わせをいれると針に乗りました。 こんな具合で、太刀魚10匹。指3〜4本と型も不満で疲れる釣りでした。
殿ちゃんと焼却場前であってから、烏賊をやってみましたが、根気が続きませんでした。
満潮8:06 干潮13:53
04/09/26 結果は、今日も鯵でした。
朝、太刀魚釣りの餌として、鰯を購入、そうです今日は太刀魚釣りのつもりです。
が、8時過ぎ出港すると、小島の太刀魚ポイントに船が少ないのです。 
で、沖の島に走るつもりで大川沖に差し掛かってから、後ろをみると小島のベルコン前に船の群れが。 これは中鰺かと、とって返してピンクのシラスワームをたらすもアタリがありません。 
やっぱり沖の島と行こうとする寸前中鰺1匹。
思い直して、再度投入するも やはり我慢できません。
で、沖の島に直行ですが、目指すポイントは漁船の群れ、序で疾風。 結局、大鯵の小気味よい引きは1回のみ。 
諦めて、沖の80mラインの太刀魚に行くことにして、走行中に新しい鯵ポイント発見です。 鯵中〜大計9匹でした。 シラスワームのグリーン系が○。
新ポイントの位置? 沖の島とnobsanポイントの中間です。
満潮4:35 干潮11:26 満潮17:58
04/09/25 やっと天候が回復。 6時過ぎの出港ですから相当気合いが入っています。
ん? 焼却場前のピンクサビキの中鰺は、潮と風が逆で当たりません。
ならば、新兵器を用意した太刀魚釣りに転進です。
が、新兵器の太刀魚用の泥鰌ワームは失敗のようです。 小島前、nobsanポイントと転戦しましたが周りの餌釣りには喰ってきているのですが、掠りもしません。
で、仕方なく、にいやんポイントで大鯵釣り、潮の流れる時間が短く7匹でした。

失敗作:泥鰌ワーム
04/09/20 昨夜のにいやんのアドバイスTELのとおり、焼却所前そこそこの鰺20匹
潮が流れる9時から11時過ぎをねらって、8時過ぎに出港です。
ピンクのシラスワームサビキで気持ちの良い引きを味わいました。
枝素3号、幹糸5号初めての手巻きリールで遊んできました。
12時をすぎると強風が吹き出し、アタリも遠のいたので終了としました。
ところで、また、太刀魚が戻ってきたみたいです。
04/09/18 柳の下の2匹目の泥鰌を狙って釣行しました。
今日は2時頃からの潮なのでゆっくり目の釣行です。 10時過ぎに出港しましたが結構風があります。 風の予報を見るのを忘れていましたので治まるかどうか解りませんが、波の立たない焼却所前で昼過ぎまで遊んでいましたがだめでした。 中鰺3匹のみ。 釣り船が引き上げた後うろうろしていると、白影さんに会いました。 で、本日の一番の釣果は白影さんとなりました。
04/09/11 にいやんと誘い合わせてタンデム釣行です。
にいやんの操船で、7時過ぎ出港です。 にいやんポイントに行くつもりなんですが、漁船の船影が多数見えますので、最近好調が伝えられる地の島前で新作のサビキを降ろしてみました。 幹糸3号、枝素2.5号、鯵10号にシラスワームの白とピンクです。 にいやんは市販サビキの下バリに青いそめを付けています。 が、全くアタリがありません。 見るとフレジャーボートが南西に走っていきます。 で、我々もにいやんポイントに移動。
さすが、マイポイントのにいやんがチャリコを立て続けにあげますが、nobsanはかすりません。 横を見ると船団が。 で、船団の中に潜り込むとすごい漁探の反応で、大鯵がnobsan仕掛けに食いついてきます。 いい喰いです、4セット作っていったサビキを2人で使い切ってしまいました。
仕方がないので、先週の太サビキ(枝素5号、シラスワーム)を出しました。
これが正解。nobsanの竿に鯵と違ったアタリがきました。引きも強く、上下左右に引きます。左手が痛くなってきますが、何とかにいやんの差し出すタモにハマチが収まりました。よく観るとその下にもう一匹、なんとハマチをダブルで釣ってしまいました。 その後もnobsanがハマチ2と大鯖1のトリプル、にいやんはハマチのトリプルを揚げ、2人でハマチクラスを7匹、大鯵13匹、他に大鯖4匹、チャリコ4匹、太刀魚(サビキです)2匹と、盆と正月が一緒になった五目でした。

必殺
PowerWorm
pawer_shirasu round pin.tail
color:065  2"
04/09/4 元素6号、枝素5号、丸かいず13号、シラス疑似のサビキ仕掛けを持って好調が伝えられる沖の島前の大鯵にいきました。
結果は、台風のうねりに辛抱たまらず退散。
朝の太刀魚も全くアタリなし。 
で、完全に調子のくるったnobsanは、嫌気がさし、11時に早あがり、完全○ボです。
なし
04/08/21 日の出出港を狙って出かけましたが、途中で家の冷蔵庫に餌を忘れたのに気づき、取りに帰ったりで結局6時過ぎの出港になってしまいました。 朝一は大鯵・真鯛狙いで小島〜大川間の岸よりに直行しましたがアタリがでません。どうも新しい3段仕掛け(底から1尋に最下段の枝針、以上1尋毎)は失敗のようです。 
それでは太刀魚と思ったんですが、今度はケミ蛍を買い忘れていました。 乾電池で光る水中灯を積んでいたのでこれをセットしようとしたらフックが小さすぎてなんともなりません。 で、船上でワイヤー仕掛けをつくるはめに。
なんやかやで、1匹目を釣ったのが7時半でした。 以降30〜40mの棚を丁寧に挽き釣りすると退屈しない程度に釣れ、5匹の鰯で8匹釣れました。海上で「夢1号」さんとエールの交換後、南蛮漬けのもと(小鰺)を釣りに深日港前に移動しましたが完全×。 小島まで移動して沢山の小鰺をゲットしました。
今日は致命的な忘れ物をした割には、よく釣れました。
写真機が修理中で、写真は携帯でとったため、拡大しません。
04/08/11 夏期休暇をとって、でかけました。 にいやんも出港されていたので携帯で情報を入手して太刀魚ポイントに直行しましたが苦戦。 大川沖の鯵ポイントに移動してすぐに1匹ゲット。が、波が高くなって小島ベルコン前に避難もアタリなし。 そうこうしているうちに波も収まってきたので地の島〜沖の島を回ってみましたがいずこもアタリましでした。 帰り道大川沖で鳳丸発見。大きな鯖を釣っています。で、サビキ仕掛けを出したところ鯵と太刀魚を1匹ずつ追加。時計をみると15時半にもなっていました。
今日は潮が流れなかったのが敗因か。
04/08/06 "にいやん"とタンデムで出かけましたが、太刀魚狙いも潮が動かず苦戦でした。 二人で指3〜4本を3匹のみ。
他に39cmの真鯛1匹、中鰺1匹、チャリコ1匹
がすべてでした。
写真機が故障したため、わざわざ"にいやん"に送ってもらいました。
04/07/19 7時出港・13時帰港。 大阪湾北部を走り回りましたがだめでした。
地の島前でチャリコ4匹、ガシラ1匹のみ。
なし
04/07/18 大発見です。 先日からアタリもなくハリスを切っていた犯人はフグと思っていましたが、太刀魚も、でした。
友人と釣行の予定であったため、昨日アオムシの残りを船上においてきましたが、天気予報は早朝雷雨であったためキャンセルになりました、それで餌を捨てるのと、補助エンジンのスクリューネジの割ピンを付けるために8時頃港に行きました。
風もそんなにないので、エンジン整備の後、溶けかけのアオムシを持って出港しましたが、やはりそんなに甘くありません。 チャリコ、ガシラを2〜3匹、中層で太刀魚の赤ちゃん1匹でした。
04/07/17 暑さ対策のため、早朝出港をやってみました。 4時40分港着でしたが、ぐずぐずしていて竿を出したのが6時前でした。 食いが渋くて、ピンポイントしか釣れない模様です。 釣り船が狭いところにひしめき合っており、少し離れるとアタリがありません。 結局1匹目がきたのが7時頃でした。
竿を2本出して粘ったのですが写真のとおりです。 あまりにもアタリがないので這わせ釣法を試みたところ2本の仕掛けがお祭り。 で、縺れた糸を捌いていると今度はペラに道糸が巻き付く始末です。
気分転換に久しぶりに淡路沖まで走りましたが、今度は電動リールの電源がダウンしてしまいました。 深いところで手巻きもしんどいので終了としました。 結局、精神的にも、肉体的にもあつい一日となりました。
04/07/11 この3ヶ月間毎週釣行していると、1週間空いただけでずいぶん久しぶりの感じがします。
この2週間風邪で体調がすぐれなかったり、出張があったり、パソコンがおかしくなったりいろいろありましたがやっと釣行です。
7時頃出港ですが、もう一つ気合いが入りません。 結果もご覧のとおり、25〜30cmの鯵とチャリコでした。 もっとも港では釣れなかったの声が聞こえてきたのが救いでした。 前日までの天候が荒れ模様だったのが響いたんでしょうか。
04/06/27 天気も持ちそうですし、柳の下の2匹目の泥鰌を狙って連続釣行です。
深日のロータリーで信号待ちの数台前に”にいやん”の車が走っています。行き先の情報交換の後、出航します。 昨日のポイントへの途中、小島ベルコン前でNOBU丸さん発見。 皆さん梅雨の合間をぬってご精勤です。
釣果は9時頃スコールに遭って逃げかえったことを考えますと、昨日程ではありませんが37cmの真鯛をゲットできたし、港でNOBU丸さんや白影さんとゆっくりお話できたし、まあまあ満足でした。
04/06/26 週末は雨の予報ですが、修理に出していた加太泉南とミニボートの両竿の調子を見たくて 降ってくるまでの午前中だけでもと出かけました。 港のおばさんに「珍しく早いね、雨がふるよ」と冷やかされながら5時出港です。なんと小島沖で入れ食いでした。 千円のアオムシが六時過ぎに餌切れで、後、白スキンのサビキでも少しペースが下がりますが釣れました。 7時半頃ぽつりと雨滴が落ちてきましたので沖上がりしました。
今日は今まで経験したことのないパターンでしたが結果良しでした。
04/06/19 台風6号の接近で天気が下り坂ですが。朝起きてみると午前中は持ちそうなのと、風も山からなので波は大丈夫との読みで、7時出港11時過ぎ帰港しました。 
遠くに行かずに小島〜大川の岸寄りで35〜40cmの大鯵5匹、25cm程度の中鰺4匹、チャリコ3匹といい食いでした。
天気が崩れる前は荒食いするとの読みが当たりました。
04/06/13 天候も悪そうだし、家内の体調のこともあるし前日は行くつもりなかったんですが、いつもの通り朝起きたら天気もいいし、家内のご機嫌も良さそうだしということで釣行しました。 港に行ってみるとやはり少し風があります。
NOBU丸さんらと少し風待ちの後、ボートを降ろしてから青虫を500円分を買いに走りました。
白馬が飛ぶか飛ばないかの境目くらいの風波の中での小島の沖合の結果です。 
04/06/05 3週間ぶりの釣行です。
噂ではあまり釣れてないみたい。 
朝起きてあまり気乗りしなかったんだけど、先々週の気分ばらしに買った50号のムーチング3.9m竿(サピキ用)を試そうと出航しました。
結果は、写真のとおり。見事な五目です。
何時も使っている加太泉南に遙かに劣りますというのが結論でした。 無駄なお金を使ってしまいました。
04/05/15 何時もと同じく、大青虫千円分を持って、みんながでた後のゆったりした出航です。
港をでると小島の前に船団があります。 グチ、キスを釣りながら運が良ければ鯵の構えで船団の中で釣り始めます。 60mラインから初めて竿先を振るわすあたりや聞くと引っ張るあたりでキスやグチが釣れます。
が、漁探の映像を求めて70mラインに移動すると一投毎にあたりが出始めました。 潮も程良く流れています。 鯵も30、35cmがきました。
久しぶりに強い引きで鯛の35cmが釣れました。 餌切れの12時半まで釣って写真のとおりよく釣れました。
04/05/07 昨晩の気持ちは少し疲れたのと日焼けで顔が痛いのもあって明日は行かない。 でしたが朝6時に起きると行くぞ、で行ってきました。
でも驚きました。 昨日と同じ場所なのに海況は全く違います。
潮の流れが速くて、加えてなぜか船がクルクル回転します。
がへこたれず、狙いは鯵、グチはいらない。 こんな気持ちでの第一投にきたあたりはグチかな? 引きの感触はグチに間違いありません。 浮いてきたのはやっぱりグチ。 幸い船縁で針はずれでプカプカしてますがたもで掬う気持ちは全く起こりません。
潮が速過ぎると判断して、中ノ瀬戸から離れましたが今度はなかなかあたりがきません。 いやはや鯵どころかグチもまま成らず。
海って難しいですね。(:結局グチ一匹でした)
後半は太公望を決め込み、海に浮かびながら居眠りをしたり、仕掛け作りに性をだすnobsanでした。
が、しかし、しっかりと鳳丸さんの釣果の1/3を頂戴しました。
04/05/06 今年初めての大鯵です。
連休4回目の釣行は、家内の都合で釣果と早い帰宅の要望ものです。
グチならば何匹でもと安請け合いをしましたが、昨日のポイントは潮が流れず苦戦。 ならば少しでも潮が流れるであろう中ノ瀬戸よりに200mほどよってみたところこれが正解。 
12時までの釣りで、グチ16匹のみならず、大鯵2匹、キス2匹のおまけ付き。 今年はじめての大鯵は42cmでした。
あまりの大きさに写真用のメジャーを購入してしまいました。
04/05/05 メイストームの影響が懸念されましたが、連休三回目の釣行をしました
淡路沖でグチ、キス、チャリコがポツポツでした。
桟橋で小鰺を狙ってみましたが×でした。
04/04/30 連休二回目の釣行です。
友人のk氏とタンデムで、まずは淡路沖70mラインでグチでお土産づくりに成功。
序で島周りをやってみましたが日向ぼっこのみでした。
きっちり五目を達成です。
写真は二人の釣果です。
04/04/29 連休第一回目の釣行です。
何回行けるか頑張ってみます。
今日はメイストームの後遺症かどうか分かりませんがキスが口を使ってくれませんでした。 かわりにグチが入れ食いでした。 キス25cm以下8匹、グチ11匹でした。
04/04/25 やっとキスの写真が撮れました。
石ゴカイを500円分持って風が吹かない午前中た゜けのつもりで出航。
キス26.4cm以下14匹でした。 他にチャリコ、トラギス多数。 贋造ヒラメの赤ちゃんも。 8〜12時の釣りとしてはいい方でした。
04/04/16
〜18
16,17,18日と3日続けて釣行しました。
16日ガシラ1匹、17日もガシラ1匹、18日キス10匹でした。
キスの写真を撮ったつもりが失敗してしまいました。
うまくゆかなかった3日間でした。
ありません
04/04/11 04春の大改装後の初釣行です。
友人のKを誘って、6時過ぎに出航です。 狙いはグチ。 青虫のみを持って的を絞っています。 小島〜大川沖で順調にグチをキャッチ。 順調すぎてつまらないので、殿ちゃんとエール交換の後、友が島周りでガシラ釣り、あわよくば上等の魚と欲張りましたが、上等魚はなし。 
船は2人乗りでもよく走ってくれ、改装は成功のようです。
04/03/21 にいやんから良い潮まわりとの情報キャッチ。 天気予報は朝一は少し風が強いが昼からは弱まるとの予報。 のっこみ鯛を狙って高かけを持って飛んでゆきました。 念のためガシラ釣りのシラサまで積み込んで。
予想に反して、風は強いは、鯛はいないは、気弱になってシラサでガシラを釣る気が。 高仕掛けにシラサをつけて2兎を追い、1兎も得ずの例えを絵に描いたようにガシラ1匹でした。
なしです
04/03/13 10時出航、14時帰港。 いいお天気でした。 エンジンのパワー不足を強く感じた一日でした。 メバルねらいもガシラのみ
04/02/21 高仕掛けと大あお虫を持って、大ガシラ、あわよくば真鯛、大型メバルをと欲張って釣行しました。 結果は写真のとおり、いつもと同じ貧果でした。
04/02/01 にいやんの大漁節につられて行きました。 結果は写真のとおりです。
少しましな型のガシラ1匹でした。
04/01/12 初釣りにいきました。
”にいやん”から、太刀魚釣りのお誘いがあったのですが、初釣りは魚の形をしたものが釣りたくて、メバル、鰺、真鯛を狙って、シラサエビをもって釣行したのですが。
小島漁港前の船団がメバルを釣っています。 私も手釣り仕掛けでやりますが、赤メバル(がしら)2匹でした。 ならば真鯛、と地の島前に転進しましたが、ここの船団ではグチばかりのようです。 一応仕掛けをおろしますが、着ぶくれと波に翻弄されて仕掛けが絡んでばかりです。 手もかじかんできます。 で早々に帰ることにしましたが今度は加太ノ瀬戸の急潮と風波で三角波に遊ばれて、びしょ濡れで帰ってきました。 
よく考えたら去年のスタートと同じとなりました。

釣行の航跡へ戻る


日 付 2003年の釣果 写  真
03/12/30 竿納めに行って来ました。
昨日のにいやんの大漁に少なからぬ刺激を受け、少し風があるのは承知で8時過ぎに出航し、地の島前で青虫の銅突き仕掛けにて鰺を釣りに行きました。
想像以上の波浪の中、2本の竿を出しましたが食いが悪くかかりません。
予報では時間が経てば風が治まるはずですが、あたりが判らないほどの波です。
仕方がないので手釣りに変更、写真のグチと手のひらチャリコ各1匹が釣果でした。
往復とも波しぶきで全身びしょ濡れの1日でした。
今年は、前半はnobTで、後半はNOBUで 沢山の楽しい思い出を作りました。
腕の怪我は完治していませんが、反省として無理をしない釣行を重ねたいと思います
03/12/23 昨夜、12時頃HPを開くと ”にいやん”からのお誘いメッセージが。
疲れていたし、お断りの返事をしたんですが、朝起きるとやる気モードに。 結局8時頃谷川出航。 深日沖でにいやんと合流。 烏賊をねらいますがあたりなし。 ついで谷川沖でメバルを狙うもののチャリコばかり。 こらえ性のない弟子は淡路沖へ太刀魚釣りに。 型に不満がありますが2匹ゲット。 師匠のにいやんが釣った烏賊を頂いて、一人で地の島前に転進。 中鰺を4匹。 今日はこれぐらいで勘弁してやるか。
03/12/14 天気が悪くて、3週間ほど出港できなかったのでうっぷんばらしをするつもりで家を6時に出ました。 港にいくと皆さんご同様らしくすでに多くの船が出港してゆくところです。 私はと言うと、しばらく釣行していないのでぼけてしまったのか、キルスイッチの装着を忘れてエンジンがかからず、一汗かいてからの出港です。 何を釣るか迷いましたが、まず、烏賊を狙いました。 10時半まで深日港の沖合でえぎを2個ロスト。当たり0。
で、太刀魚を釣るべく餌の小アジ調達に深日港内へ。 魚探には写っているんですが何故か釣れません。 そんなわけで深日港では全くだめでした。 谷川に戻って青いそめを買おうかとも思いましたが、何が釣れているかも解らないので見物がてら小島まで走って、何とか小アジ4匹調達。 前回は1匹で5匹釣ったんだからと淡路沖の太刀魚ポイントへ。 結果は写真のとおりです。 12時頃から2時半ぐらいまで。 怪我をしている右手が痛くなってきたので帰ることにしました。
今日もひとつ勉強しました。 竹馬ばりより大きな餌は食いが渋いときはだめです。 餌の小アジを針の長さに切って尻尾側を括るのが正解でした。

太刀魚11匹
最大は左端、指5本

03/11/24 "にいやん"に教えてもらって初めて烏賊を釣りました。
天気が良くなかったので、少しだけでもとの軽い気持ちで、まず、深日港に太刀魚の餌の小アジを調達に行きました。 ふと見ると”にいやん”らしき舟影が。 近づくとやっぱり。 で、烏賊釣りを教えてもらいました。 有り難うございました。 
03/11/08  7時過ぎに谷川出港。 餌の小アジ釣りに失敗。1匹しか釣れません。 で、青虫の胴付き仕掛けを大川沖で垂らしましたが手のひら級のチャリコばかり。全てリリース。
 仕方なく、1匹の餌を持って沖合の太刀魚釣りに向かいます。 餌には少し大きめですがそれしか無いので40号の竹馬針にくくりつけ、いつもどおり底から5mの棚に降ろしますと待つ間もなく魚信が。 あがってきたのは30cm程の赤ちゃん太刀。 共餌にするため尻尾を切り取ってリリース。 
 傷ついたアジを括りなおして再投入。 またまた待つ間もにく針掛かり。今度はかなりな強い手応えが、思わず電動リールの巻き上げ速度をゆるめてしまうミスでばらしてしまいました。 何回もこれでばらしてしまうのについつい強引にまけて、竿が折れそうでやってしまいます。 一匹しか餌がないのに焦ってしまいます。
 幸い、餌は再使用可能で、再々投入です。 こんな時に限って入れ食いでアタリです。 今度はうまく行きました。 竿でぶり上げできないような大きな太刀魚をです。
船上にあげたとたんワイヤーが切れてしまった程で、目測で自己記録更新でしょう。
 餌はボロボロになっていますが、もう一度投入したところ40cm程のリリースものがかかりました。 これで餌切れです。 つり上げた太刀魚の尻尾を切り取った仕掛けと鰌の疑似餌仕掛けを降ろした見ました。 太刀魚尻尾仕掛けにアタリがきて、指4本クラスを2匹取りました。 疑似餌はダメでした。
この頃よく忘れる写真を、帰って取りましたが、寸法を測るのを忘れてしまいました。確実新記録だったのに惜しいことをしてしまいました。 




今日は1匹のアジで5匹の太刀魚を釣りました。
03/11/02 友人のkと 9時頃から15時まで、2日続けてのロングラン出港です。
小島沖と淡路沖で太刀魚4匹、地の島前でチャリコ3匹、大川峠の沖で中アジ2匹、グチ5匹、その他餌の小アジ多数でした。
2人ですとどちらかがあぶれるものですが、今日は不思議と両者同等の釣果て゛した。
最近撮り忘れが目立ちます。
03/11/01 7時過ぎに出港し、小島沖で太刀魚釣りをしました。 指4本クラスを2匹。 ついで大鰺釣りをするため大川沖に移動。 気が変わり、空腹だったので途中大川港に入港してラーメンを食べました。 サビキと氷を購入。 ついでに小島漁港の前でハマチ釣り用の餌の小アジ釣りをしました。 やっと、大川沖合で大鰺釣りの仕掛けを降ろしましたがあたりが有りません。 沖合に船団があるので移動してみると太刀魚釣りのようです。 先ほどの小アジをつけて降ろしますと底から5mで食い上げのアタリ。指5本ゲットです。 こんな具合で良型の太刀魚7匹で終了しました。
帰宅して、太刀魚をさばきかけて写真の取り忘れに気づきました。
で、こんな写真です。 
03/10/26 11時出港です。 蛸釣りにいくつもりで谷川へ行ったんですが、波があって帰ってきている人がいます。 海を見ますとそんなに荒れてもしませんので尾崎まで走りましたが一隻も蛸釣り船がいません。 風で船の流されるのが早すぎるようです。 10分ほどで仕掛けを2個とられて嫌気がさして帰りました。 ボーズです
03/10/25 わけあって10時の出港になりました。 右腕も痛いし、魚の形をした物を久しく釣っていないので、何が釣れるか解りませんが大川峠の沖合で烏賊の短冊食紅染めを餌に胴付き仕掛けをおろしたところ、大鰺が5匹食いついてきました。 帰りが遅くなって急いでいたため、撮りわすれました。
03/10/18 蛸釣りっておもしろいですね。今日も尾崎へ蛸釣りです。 今日もいろいろExcelさんに指導頂きました。 
03/10/12 谷川から尾崎まで一走り。 Excelさんに釣りを教えてもらいました。 ビギナーズラックで11杯ゲット。 はまりそうです。
03/09/26 搭載人員シールと登録ナンパーシールを貼り、谷川を出たのが 11時頃、小島港の前で小アジを釣り、大川沖合で太刀魚釣りをする頃には、釣り船が帰港する時間になっていました。 大川沖では型が小さいので淡路沖まで走りました。 少し型が良くなりましたが指4本までを5匹。 やはり、港を出るときに漁師さんに言われた「もっと早く出なけりゃ。」 正解でした。 太刀魚 指3〜4本 5匹
写真なし
03/09/15 鳳丸で釣行。 ビッグ1をゲットしました。 詳細は写真をクリックして下さい。
03/09/14 友人のK氏と太刀魚釣りに行きました。
4時にモーニングコール。6時45分谷川出港。驚異の早出です。
まず、餌の調達に行きますが思ったように進みません。5カ所目久しぶりの大川ベルコン前にてやっと調達完了。 この時点ではまだ2人とも余裕で小アジ釣りを楽しんでいたけれど、波のシャーワーを浴びながらやった太刀魚釣りの釣果は伸びず、やっと4匹を確保したのみ。 すこし落ち込みました。
代わりの楽しみがありました。ニイヤン、殿ちゃんの2艇と海上で交流。 殿ちゃんとは互いに写真の撮りっこをしました。 で、本日一番の釣果は「殿ちゃん」でした。
釣果:
太刀魚4匹(2人で)
殿ちゃん号
03/09/07 電動リールのテストと昨日の残りの青虫の処理のため、2日続けて釣行です。
港に着いてみると、以前の船ならためらう程の風波です。 飛沫を浴びるのを覚悟で出港しましたが、友が島行きをやめて近くで太刀魚釣りをすることにして、先ずは餌の小アジの調達です。 友人のU氏が鰺の飲ませをやっていないか、携帯電話をしたところ案の定、小島のベルコンのところで浮いている由。
近寄って小アジをおねだりしましたが、メジロがまわっているためか、釣れてなくて×。
しかたなく、自分で小島港まで走り、簡単に調達。ついでにU氏の分も確保届けてあげる。 で、沖合の70mラインで太刀魚釣り。 昨日と比べて食いが悪い。
原因は餌か。(昨日は鰯。今日は小アジ) ならば昨日兄に教えてもらった鰺の頭だけを縛る方法に変更。 活きアジのため、尻尾がヒクヒク。これが大当たり、4投連続でつり上げるも相変わらず小さく、3匹続けて放流、4匹目が指4本大。 気をよくして潮上に戻る途中エンジントラブル船を発見。 谷川まで曳航してあげ、そのまま昼前に上陸しました。
太刀魚指4本強
餌の小アジ少し

 (写真なし)
03/09/06 修理に出していた電動リールが戻ってくるのを待ちかねて、太刀魚釣りに行ってきました。 小島前方、水深60m弱のところです。 ポイントは70mですが土運船が走っていてポイントに入れません。 釣り船も見あたりませんがやってみました。 小さい竿先をふるわせるアタリで指3〜4本の太刀魚6匹を 9〜11時の間で釣りました。 餌は予め調達してあった鰯です。 潮が動いている間のみの釣りでした。
03/08/16 毎年、この日頃には良型の太刀魚が回ってくるのでそれを狙って釣行しました。
7時40分港到着、8時出港。まず、お盆休みの小島ベルコン脇で餌の小アジの調達。少し小さいけれどすぐ必要な分を確保して、沖合に向かいます。
沖合の船は太刀魚釣りの様子が有りません。 聞くと大鰺が釣れているとのこと。鰺がいるのでは太刀魚は回っていないと判断。太刀魚釣りは中止にして、こんなことがあろうかと用意していた青虫で、ズボ釣り開始。 釣果は伸びませんでしたが夕飯のおかずぐらいを確保して終了としました。
大鰺2、グチ2、大穴子1、ガシラ1、小アジ多数見事な五目です。 
03/08/03 昨日に続いて、釣行しました。 大河豚3、10cm程シオの赤ちゃん多数、キス23cm2匹でした。 うまく行きません。 昼過ぎから風が強くなったのですが、以前に比べて船の安定性と信頼性は格段に向上です。 後は、釣果がついてくればゆうことなしですが。 ありません
03/08/02 NobU号での初釣行です。何回か船の調子を見るための出港は繰り返しましたがいよいよ新しい船での釣りがと思うと気合いが入ります。
谷川に着くと、ニイヤンが準備中でした。お久しぶりです。後を追って谷川沖からはじめますが、釣果は伸びません。漁探やGPSの感じが同じ機械なのに違う気がします。足が速くなって、辛抱が足りなくなっているのかもしれません。 NobUでの釣りパターン見つけないと船に反比例の釣果ではいけません。 大鰺1,赤ちゃん太刀魚1、大河豚1でした。 
03/05/24 前日の晩に準備できていなかったので、朝急いで積み込み、谷川港に行くと見慣れないグループが我がもの顔で占領状態。 少し声をかけて車からボートを降ろす場所を確保し、長靴を忘れたことに気づく。 無理をし、後部キャリーを付けたまま乗船離岸に成功。キャリーを積んだまま沖にでるもそんなに釣れもせず。地の島前をうろうろして25cm程のチャリコ、グチ各々1匹、20cmのキス2匹のみ。 帰港して何とか濡れずに上陸、ボートを引き上げ片付けも完了。 新作の後部キャリーの性能も上々で釣果の少ないことを除けば言うことなしのはずが、最後にボートを車に乗せる段階でとんでもないことが発生。
いつもは、スロープをあがった水平なところで積み込むのですが、混んでいたためスロープの中間の斜めの箇所でボートを車上に上げ、ロープをかけようとしたところ、ボートが滑り落ちそうに。思わず、右手で支えようとしたが無情にもボートは落下。 その後猛烈な痛みがあり、腕が動きません。力が入りません。 やっとの思いで、帰って医者に行きましたが専門医がいなかったり、検査技師がいなかったりで今日(5/29)やっと専門医の診断を受けたところ、肘のところで上腕の筋肉と筋の接合部が断裂しかかっていることが解りましたが不幸中の幸いで何とか繋がっており、無理をしないでおれば手術等の必要なしとのことでホットしました。 ただし、治癒しても7割方しか機能が戻らないそうです。
カートッパーの皆さん私のような事故に遭わないよう気を付けてください。
最後になりましたが、怪我をしたとき港で帰り支度をして下さり、湿布薬を下さったお方有り難う御座いました。 もうしばらく釣りに行けませんが、お陰様でキーボートをさわれるようになりました。  本当にお世話になりました。 
なしです
03/05/17 第二阪和が箱作まで延伸して、谷川行きが便利になりました。 以前は往復とも阪高を利用していたのですが地道ばかりで時間も少し早くなったような気がします。
今日も7時前に谷川出港しました。 少し、風波が有りましたが、9時には治まるはずです。 が、船の集団が見あたりません。 波が高いし、焼却場前50mラインを流します。 アタリがあり、針掛かりするのですが巻き上げの途中ではずれます。 ここでチャリコ1匹。 南に目をやると、土運船の航路にはさまれたところに船団がいます。 さらに波が高くなってきたのですがスローで行きます。 ここでもなかなか針掛かりしませんが、手持ち竿でチャリコ2匹。 シャツ一枚の薄着で寒いし、波が治まるどころか白馬が飛び出しましたので帰ることにしました。
03/05/05 5時自宅出発、7時前谷川出港です。 "にいやん"さんと連れだって、一路、大川沖80mを目指します。 が、目指すポイントには一隻もいません。 釣り船は手前2〜300m付近に集結していますが、取りあえず糸を垂らしましたがアタリすらなく、早々に船団の中へ移動です。
すると、グチばかりですが入れ食いです。 3流しでやめました。 
中瀬戸に移動して真鯛狙いといったのですが、ハヤテを釣ってしまいました。
仕方なく、大川峠の下に移動、小さいガシラばかりで餌切れ。
あまりに天候がよいので、谷川港を通過して箱作まで走って来ました。 
谷川に上陸してから持っていった弁当を食べたのも初めての経験です。  
03/04/29 前夜の天気予報を見て、強風波浪で明日は釣りに行けない。 行かない。 
強い決断で就寝。 5時半起床風がない(9時までは波浪高0.5mの予報でしょ)
軟弱なNobsanは急遽積み込みをむ開始。 しかし、風がでるから港を出たところでキス釣りとしよう。 で、6時出発、8時谷川出港。
途中餌は石ゴカイ500円のみ(偉い、まだ分別がある)。港をでたところで第一投。ウム・・・アタリがない。全く無い。 河豚が仕掛けを切りに来るのみ。 沖に行けば強風が吹きはじめました。 ショウがないので岸よりでやっとガシラ一匹。 直後に保安庁の叔父さんが”書類見せてくれるだけで良いです。釣れますか。” (やっと一匹釣った所じゃ。餌ぐらい付けて投げ込むまで待ってくれ。 バカ野郎)
で、仕方なしに一番奥に入っている船検書と免許を引っ張り出しているうちに何処で釣れたか解らなくなりましたとさ。 本日はこれでThe End。
ボーズ同然。でも船を出せただけでもよしか。 
当然、写真は有りません
03/4/27 少し、風が残るかと思いましたが、5時半自宅、7時谷川出港しました。
波は少し白馬が混ざる程度です。 時間とともに風が収まるだろうと気にせずおきに出ました。 小島の沖合で鰺が釣れるはず、鯛も釣れるはずと行きましたが、全く何も当たりません。 地の島前でも、キスが一匹。 見るとはるか沖合に船団があります。 行ったことの無いところですが、中速で時間をかけて行ってみると、水深80m、中瀬戸と大川の直交する箇所で、一流し目でグチ3匹です。 これは大漁かもと思いましたが、漁探、GPSの電源がダウンでTHE ENDでした。 帰り小島沖で "にいやん"にお会いした後、残った餌で港口のキス釣りをしました。これが正解です。 22〜25cmです。
03/4/19 午前中だけでもと谷川へ車を走らせました。 岸よりは波がありませんが時折突風が。
で出港せず、情報収集だけで帰ってきました。
友が島まわりで、大きな鰺が釣れ始めたとのことです。
03/4/6 朝起きると強風警報が消えています。 で、7時出発。道中の信号待ちで知らない人に同行を依頼され了解したのですが、いざ谷川に着いてみるとその人は手漕ぎボート。で仕方なしに別の出港地を案内してあげたりしている内に10時過ぎの谷川出港となりました。 一路、中ノ瀬戸へ。 地の島側でメバル釣りですが全くアタリがありません。 沖ノ島側に移って小さなアタリをとってガシラ2匹揚げたところで漁師さんから危険につき、場所移動を指導され、仕方がないので谷川港の前の魚礁付近を行ったりきたり。 大きなキスが一匹釣れました。 ぼちぼち夏の魚が動き出したようです。 帰港して片づけていても他船も釣果がかんばしくないようでした。 港のおばさんにもう少し水温があがったらきなさいと、慰められて本日の釣りは終了です。  なし
(ガシラ25cm×2匹)
(キス 20cm×1匹)
03/3/23 久しぶりにの釣行です。 実は昨日4時半に自宅を出たんですが、関空付近まで行ったところでフロントガラスに雨滴が。 Uターンしてもう一度布団の中へ。
そんなことで仕切り直しの出港は結局7時谷川港を出港。
港を出た左の魚礁でメバルを釣るつもりでしたが、戦争の性かGPSが動きません。結局波もないので中ノ瀬戸まで走りました。 地の島前の船団の近くでコバンザメ釣法メバル1匹。 ついで沖ノ島前でメバル2匹、ガシラ2匹。いずれも25cm程度。
久しぶりの釣行で珍しくガソリンタンクをほぼ空にしました。
写真は、携帯電話で撮ったので、大きくなりません。
03/1/26 今年2回目の釣行です。
家を8時30分出発、谷川10時出港。 メバルを釣りたいけどどうすれば釣れるか解らないので ガシラなら大丈夫だろうと、小島のベルコン前で糸を垂らしてみるが反応なし。
それならばと大川峠の下へ行ってみると 結構 波があって、バウが波に突っ込む程。
ならば、小島の70mでグチでもと とって返しました。 が 反応なし。
少し粘ることにして、昼食をとっていると いい反応、で、あわせると何か引きが変。
30cmほどの河豚でした。おいしそうでも死にたくないのでリリース。
ついで、良い型のガシラ。 でも少し波が高くなってきたので 谷川漁港前の魚礁へ。
目の前で漁船の人が良い型のメバル2連をつり上げる。 こちらはガシラを2匹。
家内と2人の夕食の一品を確保したので帰ることにしました。
03/1/11 初釣りに行きました。
歯医者から帰ったら素晴らしい晴天。 時間が遅いけれどこんな天気を逃してなるものかと釣行。
自宅11時40分出発。谷川13時30分出港。 
小島沖70mポイントで すぐに30cmのグチ1匹。 しかし土運船の航路にはさまれてつきまとう警戒船の船長さんに気の毒で 地の島前に移動、序で 沖ノ島へ移動するも全くあたりなし。 最後の深日港関電パースでの小アジの思惑もからぶりでした。
で 16時30分谷川帰港。 海況はベタ凪で寒くもなく クルージングを堪能しました。
他船の釣果はガシラ、メバルとのことでした。
なし
03/1/3 新年明けましておめでとうございます。
明日、明後日とも強風みたいですね。

釣行の航跡へ戻る
日付 2002年の釣果 写真
02/11/24 懲りずに今日は鳳丸に乗せてもらって出漁。 昨日とうって変わって風なし波なし。
地の島前を中心に写真の釣果です。
11/24の釣果
02/11/23 東北東の風4〜5m/sの予報。 風はきついが山で遮られて波はなし。
とかってに考えて出港。 海面はざわついているが波は予想どおり大丈夫。沖は波頭が砕けて大変みたい。 
地の島に行きたいので様子を見ながら大川まで、他船が横切っているし、地の島前には沢山の船が見えるのにつられて、加太ノ瀬戸の途中まできたけれどあまりの大波にUターン、けれど帰りはもっと大変。 ひたすら船首を波にたて、バウからの浸水に死ぬ思いで大川の岸にたどり着きました。 まいった、反省!!
谷川港の近くまで帰って、風強中、ゴミ焼却場前で懲りずに釣りを。
手のひら級のチャリコ、丸ハゲを10枚弱。
なし
02/11/17 兄の船に乗せてもらって、谷川港を7時前に出港しました。
児島沖の太刀魚は不発でしたが、友が島の沖ノ島北側が正解でした。
40cm近い大鰺、30cmの真鯛、大きなメバルも釣れました。
餌は青虫、胴付き仕掛けで。
02/11/10 今週末も風が強く、釣行できないかと思っていたのですが、土曜日の夜天気図をみると本州にかかる等高線が1本だけで行けそう。
niftyの有料サイトでみると 4時〜7時は4m/s以下、その後は10m/s。
早起きして行こうと決めましたが、起きたのが6時前。谷川着7時過ぎになるけれど予想が外れてくれるのを期待してGO。
出港時は4m/s位で、児島沖に一直線と行きたいところですが、波でスピードが出せません。 しかし、新調の表さし舵とスパンカがよく効いて 到着早々太刀魚を1匹。
その後、10時過ぎから白馬が飛び出しました。 前述の表さし舵等の効果は絶大で釣りをするには支障ありませんが、追波となる帰りが怖いので、早上がりしました。
物足りないので、帰り道、深日港で飛し浮の小アジ釣りをしてきました。
02/9/21 友人の船に乗せてもらって、高砂から出航。お目当ては、明石海峡は鹿ノ瀬の大鰺です。8時前に出航して明石海峡まで140馬力の船は、日頃乗っている8馬力船と異なり、遠距離にもかかわらずあっという間に鹿ノ瀬に。
シカシ、潮止まりで全く釣れず。遊漁船も諦めモード。
潮が流れ出した12時頃、室津の沖合へ。結果は3人で写真のとおり。
最も、私が釣ったのは1割あるなしでしたが。
室津の釣果写真

奮闘記
02/9/1 台風でダメだろうと思っていたが、朝起きると無風快晴状態。急遽行く気になって、6時45分自宅出発。
阪神高速に乗ってから、後部波よけを固定するネジ類を忘れたのに気づく。
ビルジポンプのバッテリーが壊れていたので、持ってこなかったのが間違いのもと(ポンプのケースにネジ類を収納している)だった。
これで、スパンカも使えない(後部波よけ板でスパンカを固定している)ことに。
さらに悪いことに谷川に着くと、結構強い風が吹いている。岸からの南東の風なので波はないのをよいことに9時前出航。
小アジを釣って、それを餌に太刀魚を釣るつもり。 小島のベルコン北側の岸で10分ほどで30匹ほど調達。 ここまでは非常に順調。 で、いつもの70mラインに行くと、強風で舳先がコントロールできず、後進をかけると波の打ち込みが。ハンディタイプのポンプをフル稼働させるも心配になるほど。 結局、1投しただけで10時に帰港しました。 潮のシャワーをたっぷり浴びて。 心身とも涼しかった・・・・
太刀魚の餌。小アジ30匹
写真なし。
02/8/25 6時過ぎ谷川着。凄い数の船が集まっています。皆が出た最後の7時前谷川出航。最初から太刀魚狙いで、昨日兄が釣ってきた小アジを冷凍したものを10数匹を持っています。 先週と同じ場所で釣って、結果は写真のとおり、先週と同じ7匹でした。
解凍した小アジは、1回かけ合わせるとボロボロになります。 アタリがあって取り込んだのは5割程度でした。
02/8/16 お盆が明けるのを待ちかねて、谷川に行ってきました。 いつもと同じく鰺&鯛を狙って、青虫を千円分購入し、9時に出航。
港を出て左の小島沖しか船団がありません。
船団の中に私と同じホープのボートがいますので、近寄って情報を聞きますと、太刀魚とのこと。
えさの小鰺を調達に岸近くに戻ります。タックルボックスをひっくり返してサビキを見つけ、魚探と睨めっこしながら10匹程調達。もう一度ボックスをかき回して太刀魚仕掛けを探し出し、小島沖水深60〜70mラインを流します。
久しぶりに、太刀魚の、”コツコツ”や”ギューン”や”フワー”等のあたりを楽しみました。7割方針かがりさせ、2時間で満足しました。
02/8/4 今日は友人を誘って3週連続釣行です。谷川を7時に出航しましたが、2人乗りのため速度がでません。大川行きをあきらめて近くの小島沖最深部に行きます。
今日も最初に初物を釣りました。大きな穴子です。 外にガシラがぽつりと。
大川ベルコン沖40mラインへ移動しましたが、大きな河豚がきただけです。
鰺を求めて、地の島の東35〜40mラインを流します。
ここでやっと25〜30cmの鰺とチャリコがきました。 一流しごとにあたりがあったのですが、撒き餌釣りをしている船が側に来てから釣れなくなったので、船首を谷川にむけ、小島沖の最深部の南西にある45〜50mの瀬をやりました。ここで25〜30cmの鰺を数匹拾いましたが、暑さに負け、昼に沖あがりしました。
今日の七目釣り
 ・穴子
 ・ガシラ
 ・河豚
 ・鰺
 ・チャリコ
 ・キス
 ・トラハゼ
02/7/28 2週連続釣行です。今日は少し気合いをいれて谷川を8時半に出航です。
先週の鰺ポイント 小島沖57mラインに直行です。 が、全く何も釣れません。
仕方がないので、大川ベルコン沖合の船団にもぐり込みます。
あたりがあるのですが何故か針掛かりしません。そのうち、あたりもなく三番叟が釣れました。Nob1号で釣りをするようになって初めての魚種てす。
気をよくして釣っていると、やりました36cmの鯛です。 ベルコン南西40mラインです。今日はいいなーと思っていると兄から携帯電話です。
兄のクルーザーで沖の島へ大鰺釣りに行こうとの誘いです。朝から鰺が釣れていないこともあり、話に乗ってしまったのが失敗になろうとはこの段階では夢知らぬことでしたが、2時間後の合流を約束しました。
と言うわけで25cmのチャリコを追加して10時に谷川に引き上げました。
谷川でマイボートを片づけ、12時過ぎに兄の船で再出航しました。 が、全く何も釣れません。灼熱の炎天下で死にそうになりました。
結局、朝1時間半に釣った3匹のみでした。
02/7/21 仕事に忙殺されて釣りにも行けませんでしたがやっと釣行です。
朝9時過ぎ谷川出航するも、何処で何が釣れているか全くわかりません。
とりあえず、小島沖の最深部へ。釣れません。ガシラとチャリコを数匹。
そのうち、船が風に流されて、少し南よりの57mラインへ。やっと25〜30cmの鰺が釣れました。
チャリコ混じりにぽつりぽつりと5匹ほどで根気がなくなり帰りました。
家に帰って魚の写真をとるつもりが、ボートの片づけに手間取っている間に嫁が料理してしまいました。
02/5/12 久しぶりに釣りに行きました。
谷川到着5時30分。私にしては、相当な早起きです。 頑張りました。
しかし、海は時々白馬が走ります。 大きな船は出ていきますが、ミニボート組は風待ちです。
やや風が落ちた7時頃出港します。風は3〜4m/sぐらいです。
お手製のスパンカが役立ちます。
が、釣れません。
新聞情報では、鰺の20〜30cmが釣れているとのことですが、手のひら級のチャリコ、ガシラ、キス合わせて10匹。 恥ずかしくて写真も撮れません。
12時まで頑張りましたが、顔が日焼けでひりひりしてきたので帰ることにしました。
でも、久しぶりの海は気持ちよかった。
 なし
02/1/20 初釣りに行って来ました。
谷川10時出港。 目指す場所は、くにちゃん@尼崎さんに教えてもらったメバルのポイント。 よく解らないけれど、魚探に反応が出たところで仕掛け作りにかかろうとすると。
ありゃりゃ、途中の釣具店で購入したメバル仕掛けは浮き釣り用、20mもの水深ではとても無理。 
と言うわけで初釣りは初奔りになってしまいましたが、谷川で”未来のボートオーナー”さんにお会いでき、写真を撮って頂きました。
初めての海上を走っている写真です。
これで、表紙、とカートップから出航迄の航跡をアップできました。
お名前を聞き忘れましたが”未来のボートオーナー”さん有難うございました。

 釣行の航跡へ戻る                                          


 平成13年後半の記録が残っていたものです。          
釣行日 釣  行  記  録 写真
01/8/17 盆休み明けの休暇で 谷川港を7時出航。 小島沖で太刀魚5匹 なし
9/23 谷川港を8時出航。 小島のベルコン北西300m付近で 30cm程度の鰺5匹、25cmのチャリコ2匹    (小潮)
9/29 谷川港まで行くも波浪で出航せず。 出航していた他船が大川〜小島の中間で40cm程度のヒラメを釣っていた。
10/ 8 休暇をもらい、谷川港出航。 小島のベルコン横で25cm程の鰺3匹
初めて烏賊角を投げてみるも、追いかけてくるのがみえるが釣果なし
10/21 谷川港出航。 小島沖深場で 40cm程度の鯖3匹
11/24 谷川港 8時出航。 小島沖の深場で 35〜40cmの鰺8匹、35cmの真鯛1匹。 私としては大漁 〃。
12/ 2 尾鷲へ磯釣り。 坊主
12/23 谷川港 8時出航。 あまりに釣れないので少し遠出するもダメ。
やっと、大川沖合で25〜35cmのグチ2匹、20cmのチャリコ1匹

 

釣行の航跡へ戻る