釣行 の航 跡
Home

日 付 2020年の釣果 写 真 
2020.1.16 新年明けましておめでとう御座います
昨年末に前立腺癌の手術をしました。 癌の手術を行うにあたって、ヘモグロビンA1Cの値が正常値の1.5倍もあり麻酔ができないとのことで、事前に糖尿病治療のための入院をしました。 ところが糖尿病入院をした初日の負荷心電図検査で心臓に異常が見つかり、急遽、心臓の造影CT検査を行ったところ、冠動脈が細くなっているところが2箇所みつかり、あくる日にカテーテルを挿入する冠動脈造影検査をを受けました。 幸い、冠動脈の狭窄・閉塞の程度が小さく、バルーンによる血管拡幅やステントを挿入する必要のない冠攣縮性狭心症と診断されました。 ストレス等で血管が狭まる症状を抑えるたる投薬治療を一生続けることになりました。 万一心筋梗塞の発作が出た時のためにニトロ系の薬を肌身離さず持ち歩く必要があるそうです。 しかしながら、ステントを挿入する処置をした場合は癌の手術が2か月伸びることになるところでしたが何とか予定通りに進めることができることになりました。 次は糖尿病治療ですが、こちらも何とか突貫治療で前立腺癌の全摘手術に間に合いました。
前立線の半分が癌に侵されていることが予測されたので、広範囲の全摘手術となりましたが、なんとかリンパ腺への転移もないことが、細胞検査で確認され、とりあえず癌についてはほっとしています。 が、前立線という栓がなくなり、尿漏れがひどいことや糖尿病治療のための7種類の投薬が全て低血糖等運転に支障がでる可能性があるものなので、しばらく釣りに出かけられる状態でありません。 加えて家内の介護もありますので、釣りどころでは無くなる事態があらかじめ予測できたので手術前にマイボートやボート釣り用の釣り具の終活をすませていましたが、正解だったようです。
今後ですが、今の状態が改善されるのが約半年〜1年かかるようですが、波止釣りに行ったり、釣り船に乗ったりしてリハビリし、状況が改善し、マイボートの釣りが可能となりそうなら、改めてボートを購入したいな〜と希望をなくさないようにしています。
その意味で、本釣行の航跡を残し、リハビリの様子を記録していきたいと思います。 



2004〜2001間の釣果を見る

2005〜2007間の釣果を見る

2008〜2011間の釣果を見る

2012の釣果を見る

2013年の釣果を見る             

2014年の釣果を見る

2015年の釣果を見る

2016年の釣果を見る

2017年の釣果を見る

2018年の釣果を見る

2019年の釣果を見る



Home
へ戻る