釣行 の航 跡
Home

日 付 2016年の釣果 写 真 
 16/12/3 i−Pilotでの釣り
延べ3か月をかけて行っていた自動操船で簡単にポジショニングできるミンコタのトローリングモーター"i−Pilot"の艤装工事と船底塗装のやり替えがやっと終わり、初めて釣りに出ました。
例によって、家の用事を済ませて現着10時過ぎ。 友達のエンジン整備に付き合って結局出航したのが11時半。 港を出るときに小鯵釣りをしていた管理人のおばさんに太刀魚釣りの餌の小鯵をあげると言われたのに断って港をでたものの沖には太刀魚釣りと思われる大船団ができています。 慌ててUターンしておばさんに頭を下げて餌を調達。 船団に入りますがアタリなし。 久しぶりの釣りで電動リールのコードを忘れていて、なれない手巻き釣りで頑張りますが1時までかすりもしません。 我慢できず深日港沖の漁礁まで行きますが魚影は見つからず。 トットパーク前をうろうろしますがここも芳しくありません。 で、やむなく地の島前に移動。やっと魚影を見つけますが魚の種類が分かりません。 まず、高仕掛けを出しますが喰いません。 で、高仕掛けをそのままに左舷側にサビキをだしていると、高仕掛けにアタリです。 やっとツバスがつれました。 このときはi−Pilotで定点固定をしていました。 その後、潮の流れが速くなると仕掛けが横になってしまいますので、定点固定を解除し、わずかに潮の流れによりも船の流れが遅くなるように、微速でモーターを回し、船首方向を固定してやると、高仕掛けに前アタリが出て、釣れたのは中サバ。 リリース後、同様のアタリで今度は重々しい引きです。 一瞬鯛かと思いましたが、大サバの2連を取り込みました。 時間が2時を過ぎていますので沖上がりとしました。 最後にバッテリーの残量を見ますとまだ満充電レベルにあり、3時間モーターを使用した割には以外な結果でした。 大発電ソーラーパネルを装着した結果が出ているようです。
 
 16/8/4  太刀魚釣り
 久しぶりに近所のIさんとタンデム釣行。
 何を釣ってもらおうかと思いましたが、先週の青物ジギングはサビキ飲ませの周辺の船に完敗、かすりもしませんでしたので、KAZUMI号が釣っていた太刀魚に的を絞り、Iさんに生イワシの調達を頼んで釣行。
 最初はすり鉢で小さなあたりが出ましたがそれまで・・・ しばらくすると乗合船が出てきて、皆沖を目指すので即移動。 ナカトの東側の駆け上がりでした。
 しかし、しばらく使っていなかった電動リールが不調で船中の竿を引っ張りだし、最後に古い電動リールが唯一生きていました。 棚が分からず苦戦していたI漁労長も調子が上がってきたようで、私がやっと1匹釣ったときにはすでに3匹。 最終的にはダブルスコア以上の差をつけられていました。 まだまだ釣れそうでしたが暑くなってきましたのでお昼で沖上がり。 船を片付け、あまりの暑さにかき氷にかぶりついた後帰路につきました。
 
 16/7/  青物ジギングにハマりました
  1. 仕事の帰りに帰宅している釣友を呼び出して暑気払い。 その時、ジグをもらいました。 釣り方の講義を受けて、有り合わせの竿とリールに新品のPEライン2号をセットして2日後に出航。 時間は12時前。聞いていた港近くのポイントに入り、イワシボールを探して投入の1投目にアタリ。 残念ながら針掛かりしませんでしたが、がぜんやる気モード。 数投後にフッキング。 竿を立てることができないほどの強い引きでリールのドラグが滑ります。 と、そのうち糸が噛んでしまい敢え無くラインブレークでばらし。 一つしかなかったイワシカラーがなくなって後は音沙汰なしの1時間で切り上げ。 リールをよく調べると、ドラグが滑ったときにレベルワインドが動かない構造で、対角線上に糸が来ると端っこの山に食い込んで糸が噛みこむことが分かりました。
  2. 新たにレベルワインドが動くジギング用のリールを購入。 PEも新品の2号を200m巻きました。 タングステンのイワシカラー80号のジグも購入。 で、2回目の出撃。 鰤を釣るぞと宣言して朝8時過ぎ出航。  しかし、前回のポイントにはイワシボールはありません。 しばらくうろうろ探しましたがだめです。 仕方なく先行出撃されたKAZUMI号さんに無線。 鯵が釣れていると呼んでもらいましたので直行するとイワシボールがあります。 で、ジグを投入しシャクリます。 数投でフッキング。 ドラグも順調で糸が滑らかに出ていきます。 で、ゲットしたのが60cmほどのハマチクラスでしたが、ジギングでつれた初獲物です。 気分よく続投しますがイワシボールも消えて終了。 鯛用のピンクのジグを取り出しやってみますが穂先に糸を巻き込み折損でTHE END。
  3. 竿先を修理しに寄った釣具店で新たにイワシピンクのジグを購入していたので、これを使った3回目の出撃。 この日もイワシボールを探して走り回り、やっと画面一面の魚影を発見。 イワシピンクのジグをつけて3投目のシャクリでアタリ。 船の下に糸を引き出していきます。 やや硬めにドラグを締めていたのですが、ジッジッと糸が船底方向に引き出されますので、船首を回り反対側に出て、やっとの思いで竿を立て、さあ これからどうしてやろうかと思ったとたんPEラインが切れてしまいました。 リールのドラグ力はMax7kgて゜硬めに占めていたから6kgぐらいの張力で2号のPEがきれるのかと不信感でいっぱい。 ですが切れた獲物とジグは戻りません。 残念。 ラインを太くして最チャレンジです。

 
 16/4/30  色々ありましたが、読み通りの魚をゲット
自身の発熱や家内の気管支肺炎による入院等々色々大変でした。
そんな中で昔の会社仲間と釣行の約束をしていたのですが連絡がうまくつかず前夜遅くに中止連絡。 潮が悪く、朝8時までの短時間の釣りですが、毎年ゴールデンウィーク頃には大きな鯵がのっこんできますのでこれを狙って出航することにして就寝。 翌朝目覚めたのが5時半と痛恨の寝過ごし。 結局現着7時半。 鯵一本狙いでサビキをほりこみます。 船の中を探ってライフジャケットを着ていて、竿先を見ると大きなアタリの食い上げです。 仕掛けが長いので取り込みに苦労しましたが今年の初鯵。 狙い通りです。 続いて3連続で取り込み成功。 いうことがありません。 KAZUMI号さんに無線で報告の後の取り込みで5匹目を失敗。ばらしてしまいました。 これでツキがどこかへ行ったのか、地合いが終わったのかさっぱりアタリがなくなってしまいました。 8時半です。 その後うろうろしましたがガシラを2匹追加しただけで終了。 読みが正しかったので納得の釣でした。
 帰宅中、病院からの呼出電話があり、写真を撮れませんでした。
 16/4/10  魚の喰いも上向いてきたので・・・・
ご近所さんが行くというので、連荘釣行。 昨日も今日も大潮で12時過ぎに船をあげないと夕方まで帰ることができません。 で、半日の釣りですから体力的には大丈夫だったんですが・・・
朝一にご近所さんにすごいアタリがあったそうですが強く合わせてしまい、一発でハリス切れ。もっとドラグを緩くしておいてやるべきでした。 その後は何もない一日でしたが、2馬力ででていた釣友から電話があり、鯛の片身をやるから取りに来いと。 で、帰路寄り道をして、調理済みの魚とこれまた堀立の筍を湯がいたものを頂いて、帰宅。 すると、兄から取り立てのワカメが届いており、豪勢に宴会したのは言うまでもありません。
坊主
 
 16/4/9  やっと両目があきました。
毛糸で結果がでたので、今週はすべての針に毛糸をつけた仕掛けです。
投入した最初にアタリが出て、釣れました。今までのアタリがなかったのが、嘘みたいです。
がその後がいけません。で、場所換えをして2回アタリがありましたが針に乗せられません。腕が悪くなったのを実感しました。(実は3月まではフルタイムで仕事をしており、家の用事と合わせて時間がなくゆっくり釣りができませんでした。 HPも放って置きっぱなしでした。今後は週末3連休となりますので少しゆとりができるでしょう)
 
 16/3/27  今年の初物
隣の名人にご指導いただいたにも関わらず、ビニールの釣りは3回連続でアタリなしの坊主。
今年は、正月から一念発起して高仕掛けの鯛釣りをしていますが、前記の通りの貧果。
途中で我慢できずにガシラを10匹ほど釣った以外はすべて坊主。
で、毛糸仕掛けを入れたら、やっときました。 大きくはないですが、今年の初物です。続けてきたのは、大物らしくドラグがどんどん出ていきます。 時間をかけてやっと仕掛けに手が届きましたが、このとき走られ、糸を出す間もなく枝素を飛ばされてしまいました。 2.5号。
 
 16/2/11  建国記念日の釣り
明日はは嫁の誕生日です。
どうしても鯛が必要ですので気合を入れて釣るつもりです。
でも、自信がないので、根気強い釣りをする友人を何気なく誘って、釣れるまで帰らないシチュエイションに自分を追い込んで出航。
4時に起きて、嫁の朝ご飯、昼ご飯、ついでに自分のお弁当のカレーライスを作って現着6時過ぎ。 前日から乗り込んでいた漁労長に7時過ぎに出航できるとTELして準備。
朝の潮にかろうじて間に合うと、早速漁労長にアタリが。 しかし、期待して待っていたのになんと悲しいことでしょうか.。 竿先がふっと軽くなってお終い。 午後までアタリなし。 2か月近く生体反応なし。 帰ってきてから名人にに陳情すると貴重なアドバイスが。 次回をこう期待。。。。。。。
 
 16/1/11 初釣毎年初釣りは坊主逃れでガシラ釣りをしていますが、今年は一念発起して鯛釣りにいきましたが、一回のあたりもない完全坊主でした。 これからが楽しみということで・・・・・  



2004〜2001間の釣果を見る

2005〜2007間の釣果を見る

2008〜2011間の釣果を見る

2012の釣果を見る

2013年の釣果を見る             

2014年の釣果を見る

2015年の釣果を見る

 釣行の航跡へ戻る